矯正のカウンセリング無料!

休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK。

あごが痛い・親知らずが気になる
~歯科口腔外科・顎関節症~

顎関節症は放置せずに歯科医院で治療しましょう

顎関節症は放置せずに歯科医院で治療しましょう

「顎に痛みがあるのに放置している」ということはありませんか?このような症状がある場合、顎関節症の可能性があります。名古屋市港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」では、顎関節症の治療を行っています。カウンセリングや各種検査を行ったうえで、患者様の口腔内の状態に合った治療の選択肢をご提案します。カウンセリングは無料ですので、顎に違和感がある方はお気軽にご相談ください。

顎関節症かんたんチェック!

以下のような症状がひとつでもある場合は、顎関節症かもしれません。顎関節症は放置すると悪化するだけでなく、全身にも悪影響を及ぼすことがあります。

顎関節症かんたんチェック!

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節の中には「関節円板」という軟骨があり、この関節円板は筋肉や靭帯とつながり顎の動きと連動しています。この関節円板が何らかの原因でスムーズに動かない状態になることで、顎関節症は起こります。

  • 顎関節症とは
  • 顎関節症とは
  • 顎関節症とは
顎関節症が及ぼす全身の症状

顎関節症は口腔内の問題だけではありません。放っておくと頭痛や難聴、手足のしびれといった影響が現れることがあります。放置していても自然に良くなることはありませんので、症状がある場合は早めに治療しましょう。

まずは原因を知りましょう

顎関節症の主な原因は以下になります。ひとつだけが原因の場合もあれば、いくつかの原因が重なって発症する場合もあります。顎の関節に過度の負担がかかることで、顎関節症のリスクは高まります。

咬み合わせの乱れ

咬み合わせが悪いと片側に偏った咬み癖になったり、特定の歯に力がかかったりして顎の関節に負担がかかります。偏った咬み方を毎日続けていると、症状は悪化していきます。

姿勢や癖

頬づえや猫背のような悪い姿勢は咬み合わせに悪影響を与えることがあり、やがて顎関節症になってしまうことがあります。また、歯ぎしりや食いしばり、片顎での咬み癖は顎関節に負担をかけ、原因となることも。さらに、以下のような生活習慣も顎関節症を引き起こす可能性があります。

  • 枕が高い
  • 横向きに眠ることが多い
  • 食べ物を片側で食べる癖がある
  • 長時間悪い姿勢で机に向かっている
ストレス

日常生活でストレスを抱えると、筋肉が緊張し食いしばりを起こすことがあります。食いしばりは顎関節に負担をかけます。

外傷

事故などで歯や顎関節に衝撃を与えると歯や顎の位置や咬み合わせがずれて、やがて顎関節症になってしまうことがあります。

そのほかの疾患

事リウマチや関節炎、アレルギーや自律神経失調症なども顎関節症を引き起こす原因として挙げられます。

当院の顎関節症の治療について

当院ではしっかり検査を行い、顎関節の骨の状態や咬み合わせを確認したうえで原因を探りながら根本的に改善が図れる治療を行っています。痛みなどの症状がある場合は、それを優先して治療してから改善を図ります。

顎関節症の検査

顎関節症の検査

まずレントゲン検査によって関節の骨の変形の有無を確認し、ほかに症状が起こる原因がないかを分析。お口全体の歯型を取り模型を作製して、咬合器に装着して咬み合わせの状態を確かめます。

顎関節症の治療
運動療法 筋肉などに問題がある場合、口を開けたり動かしたりといった運動療法を行います。運動療法によって顎の筋肉の緊張をほぐし、可動域を増やすことで改善を図ります。
矯正治療 咬み合わせに大きな問題がある場合、矯正治療が有効な場合があります。歯を理想の位置に移動させ、上下の歯がしっかり咬み合う状態に改善します。
>>矯正治療の詳細はこちら
補綴(ほてつ)治療 咬み合わせに問題があり、上下の歯の高さが合っていない場合は、歯の高さを合わせるために歯を削ったり補綴物で高さを調節したりします。補綴治療で咬合の高さを調節する場合、仮歯でまず試して理想的な咬み合わせを確認してから本格的な人工歯を作製・装着します。
ソフトスプリント 歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある場合は、ソフトスプリントを使用します。ソフトスプリントとは、上下の歯が直接咬み合わないようにするやわらかいマウスピースのこと。歯ぎしりや食いしばりを抑え、顎の筋肉の緊張を緩和して顎関節症を改善します。ソフトスプリントを装着して症状の改善が図れれば、口元の癖が原因であることがわかります。
仮歯による咬合調整 補綴治療で咬合の高さを変える場合、仮歯でまず試して理想的な咬み合わせを確認してから本格的な人工歯を作製し装着します。
マニピュレーション法 関節円板がずれている場合に、それを正しい位置に動かす方法です。マニピュレーションを行う際には、顎関節に生理食塩水や麻酔薬を注入することがあります。
咬合誘導 咬み合わせに異常がある場合は、マウスピースなどを用いて正しい咬み合わせへと導きます。

親知らずの抜歯(歯科口腔外科)について

「名古屋みなと歯科・矯正歯科」では、親知らずの抜歯など、口腔内とその周りの症状に関して外科的な処置を行う「歯科口腔外科」にも対応しています。

親知らずの抜歯(歯科口腔外科)について

親知らずは必ず抜かなくてはいけない、というものではありません。しかし、まっすぐに生えておらず、痛みなどがある場合には抜歯しなくてはならないケースがあります。「親知らずに痛みがある」「抜いたほうがよいのかわからない」という方は、当院まで一度ご相談ください。症状を伺い、検査を行ったうえで抜歯が必要かどうかを判断いたします。

診療予約・無料カウンセリングの予約はこちらから

TO TOP