矯正のカウンセリング無料!

休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK。

失った歯を取り戻したい
~インプラント~

まるで天然歯のような咬み心地・見た目に

まるで天然歯のような咬み心地・見た目に

虫歯や歯周病などの病気などで失った歯の機能を取り戻すために行うのが、インプラント治療です。インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上部にセラミック製の人工歯を被せる方法です。チタン製の人工歯根は骨との結合性に優れており、しっかりと固定されるため、硬い物でも咬むことができるようになります。

名古屋市港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」では、正確で、安全なインプラント治療をご提供しています。インプラント治療方法や治療期間、費用などについて丁寧にご説明しており、不安がある方には随時無料カウンセリングを行っております。インプラント治療にご興味がある方は、お気軽にご相談ください。

歯が抜けたまま放置するリスク

歯が抜けたままの状態を放置していると、口腔内および全身にさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。歯が抜けた状態のままにせず、なるべく早く治療するようにしましょう。

口腔内への悪影響 全身への悪影響
  • 歯並びや咬み合わせが乱れる
  • 咀嚼のバランスが崩れ、特定の歯に大きな負担がかかる
  • 歯が抜けた箇所に食べカスが溜まり、虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  • 歯が抜けた箇所から空気がもれて発音が不明瞭になる
  • 特定の顎の骨に大きな負担がかかり、顎関節症になる場合がある
  • 咬み合わせのバランスが崩れることで首や肩の筋肉・骨格に偏った負担がかかり、痛みが生じる
  • しっかり咬めず、消化不良を招く
  • しっかり咬めず顎の骨が痩せてしまう

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療には以下のようなメリット・デメリットがあります。それをふまえたうえで治療をご検討ください。

メリット デメリット
  • 自分の歯のようにしっかり咬める
  • 自分の歯のような自然な見た目を得られる
  • 周囲の歯を傷つけない
  • しっかり咬む刺激が伝わるため、顎の骨が痩せにくい
  • 外科手術を要する
  • 全身疾患があるなど、治療が受けられない場合がある
  • 自費診療となるため高額になる
  • 定期的なメインテナンスが必要

名古屋みなと歯科・矯正歯科のインプラント治療

当院では1本から複数本のインプラント埋入を行っており、手術回数が1回で済む「抜歯即時埋入」や、骨が少なくて治療が難しい難症例にも対応しています。

治療料金はこちら

手術回数が1回で済む「抜歯即時埋入」

手術回数が1回で済む「抜歯即時埋入」

抜歯即時埋入とは、抜歯をした後すぐにインプラントを埋入する治療方法です。通常、抜歯した後は炎症が治まるまで期間を設けますが、顎の骨やお口の状態によっては1回の手術でアバットメントまで装着することが可能です。手術回数が少ないことで身体的負担は軽くなり、治療期間も短くなります。

多くの歯を失った方のための「All-on-4(オールオンフォー)」

多くの歯を失った方のための「All-on-4(オールオンフォー)」

多くの歯を失ってしまった場合、従来のインプラント治療では8~14本のインプラントを埋入する必要がありました。「All-on-4(オールオンフォー)」は4本のインプラントを埋入し、その4本のインプラントを固定源として入れ歯のような人工歯を支える方法です。一般的な入れ歯よりもしっかり咬むことができ、埋入本数が少ないので通常のインプラント治療よりも身体的負担が軽くなる、費用が抑えられるといったメリットもあります。

顎の骨が足りない方のための骨再生療法

インプラント治療を行うには、人工歯根の埋入に耐えうる十分な骨量が必要です。足りない場合にはインプラント治療を断られる場合がありますが、「名古屋みなと歯科・矯正歯科」ではそのようなケースでも骨再生療法を併用することでインプラント治療を可能にしています。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨の奥にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底部を押し上げ、骨補填材などを注入して骨の量や厚みを確保します。骨の厚みが5mm以下の場合に適用されます。

ソケットリフト

ソケットリフト

サイナスリフトと同様、上顎の骨の奥にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底部を押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填剤や移植骨を埋めて骨の厚みを確保します。骨の厚みが4~10mmの場合に適用されます。

骨再生誘導療法GBR

骨再生誘導療法GBR

顎の骨が足りない部位に自家骨(移植のために身体の別の場所から採取した骨)や骨補填材を置いて、骨の再生を図る治療法です。

多血小板血漿(PRP)

自家血(移植のために採取する血液)を採取し、遠心分離機にかけて治癒効果の高い血小板を濃縮させたPRPを自家骨と混ぜ、骨の欠損部位に移植して再生を促します。

診療予約・無料カウンセリングの予約はこちらから当院は予約制です。診療予約はお電話にて受け付けています。 000-0000-0000 メールでのご予約はこちら

TO TOP