矯正のカウンセリング無料!

休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK。

歯が痛い・しみる
~虫歯治療・根管治療~

虫歯で大切な歯を失わないために

「歯が痛む」
「冷たい物や熱い物がしみる」
「歯の表面が白く濁ったり黒ずんだりしている」

このような症状がある場合は、虫歯になっている可能性があります。虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどなく、症状が出た段階ではすでに進行していると考えられます。虫歯は早期に治療を行うことで患者様の負担が減り、時間も費用も抑えることが可能です。気になる症状がある場合はできるだけ早く、名古屋市港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」へご相談ください。

虫歯にならないために

虫歯にならないために

虫歯は予防できる病気です。お口の健康を守るためには、虫歯になってから「治療」するのではなく、虫歯にならないように「予防」することが大切です。

>>予防歯科の詳細はこちら

虫歯の原因はひとつではなく、複数の要素が重なることで発症するリスクが高くなります。そのため、原因となる要素を取り除いていくことで虫歯の発症・再発を抑えることができるのです。以下が、虫歯の原因となる主な4つの要素です。虫歯予防のために、虫歯になる原因について理解しておきましょう。

虫歯の原因となる4つの要素
虫歯菌
口腔内には3億以上の細菌がいると言われおり、虫歯の直接的な原因となるミュータンス菌なども潜んでいます。虫歯菌がたくさん潜んでいるプラークをきれいに取り除くことで、虫歯は予防できます。
糖質
ミュータンス菌は、食ベカスに含まれる糖質をエサにして酸をつくり出し、その酸によって歯を溶かします。ブラッシングなどで栄養源となる食べカスを取り除くことが、虫歯予防につながります。
歯質
歯そのものの質(歯質)によっても虫歯のなりやすさは変わります。歯質は遺伝や病気、歯が出える時期の栄養状態などに影響されますが、フッ素塗布などによって虫歯になりにくい丈夫な歯をつくることはできます。
時間
歯に糖質が付着している時間が長ければ長いほど、虫歯の発症リスクは高まっていきます。食後はできるだけ時間を置かずにブラッシングを行い、虫歯になりにくい環境を整えましょう。

早期発見・早期治療が大切です

早期発見・早期治療が大切で

虫歯は一度発症してしまったら、自然治癒することはありません。放っておけばどんどん進行し、それに伴い痛みなどの症状も増します。そうならないようきちんと予防ケアをすることが重要ですが、もし虫歯を発症したら早めに対処することが大切です。

症状が初期のうちに治療を行えれば、歯を削る量も少なくなり短期間で済みます。気になる症状がある方は、まず当院までお越しください。

虫歯の進行段階と治療方法
進行段階 症状
C0 ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯
歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見えます。虫歯が原因の穴は確認できず、自覚症状はありません。毎日の適切なブラッシングや歯科医院でのフッ素塗布などにより、治癒する可能性があります。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、歯に黒ずみが見られるようになります。冷たい物を口にすると、しみることがあります。虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補う治療を行います。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が達した状態です。冷たい物や甘い物を口にすると歯がしみるようになり、虫歯が神経に近づくことで痛みが出やすくなります。虫歯に冒された部分を削り、詰め物あるいは被せ物で補う治療を行います。
C3 神経の虫歯
C3 神経の虫歯
虫歯が歯の神経まで達した状態です。何もしていなくてもズキズキとした激しい痛みを感じるようになります。虫歯菌に冒された神経や血管を除去し、洗浄後薬剤を充填する根管治療を行い、被せ物を装着します。
C4 歯の根の虫歯
C3 神経の虫歯
歯の大部分が溶かされ、歯根まで虫歯が達した状態です。神経が死んでいるため痛みは感じなくなりますが、放置すると歯根に膿がたまり、炎症が起こることで再び激しく痛み始めます。多くのケースでは抜歯になります。歯を失った部分は、インプラント入れ歯で補います。

重度の虫歯の治療方法~根管治療~

重度の虫歯の治療方法~根管治療~

歯が神経まで達した重度の虫歯の場合、放置しておくと抜歯せざるをえなくなりますが、根管治療を行うことで歯を残す可能性を高めることができます。根管治療とは、歯の神経が通っている細い管の中にある神経や血管を除去し、きれいに洗浄して薬剤を充填する方法です。根管内部はとても細く複雑な構造であるため、高度な技術が求められます。

従来の根管治療は歯科医師の勘や経験だけに頼ったものであり、根管内に細菌が残ってしまうことで再発のリスクがありました。歯を残す「最後の砦」ともいえる根管治療ですが、歯科医師の勘や経験に頼ったやり方では「結局虫歯が再発(悪化)して歯を残せなかった」というケースも少なくないのです。当院では、根管治療をいかに精密に行えるかに重点を置き、適切な器具を用いて確実な根管治療を行っています。根管治療に不安を抱えている方もご安心ください。

根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
Pickup痛い治療が苦手な方へ
「歯科医院は怖い」「治療は痛い」というイメージが先行し、歯医者さんへの足が遠のいている方もいらっしゃるでしょう。当院ではそんな患者様にも安心して通っていただけるよう、治療前に痛くない麻酔を行う、痛みを感じにくいレーザーを使用する、といった方法で「痛みの少ない治療」を心がけています。いくら歯科治療が苦手でも、虫歯は待ってくれません。痛みが苦手な方、恐怖心が強い方も安心してご来院ください。

治療前のカウンセリングも大切にしています。

正確な治療を行うのは歯医者として当然のことですが、「名古屋みなと歯科・矯正歯科」が大切にしているのは、患者様に安心して治療を受けていただき、満足のいく結果を出すことです。そのため、治療方法やそのメリットやデメリットを丁寧にご説明し、ご理解・ご納得いただいてから治療を行うことを徹底しています。しっかりコミュニケーションをとり、患者様と信頼関係を築いたうえで治療を進めています。

診療予約・無料カウンセリングの予約はこちらから

TO TOP