矯正のカウンセリング無料!

休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK。

自分に合う入れ歯がほしい
~入れ歯・義歯~

ふたたびしっかり咬める歯を手に入れるために

ふたたびしっかり咬める歯を手に入れるために

失った歯の機能を補うための治療法には「入れ歯治療」「インプラント治療」「ブリッジ治療」があり、それぞれに機能性や見た目、費用などに違いがあります。それぞれのメリット・デメリットを確認したうえで、どの治療方法が患者様ご自身にとって良いのかを考えていきましょう。入れ歯のことは、名古屋市港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」にご相談ください。

入れ歯治療、インプラント治療、ブリッジ治療のメリットとデメリット

インプラント治療
インプラント治療
入れ歯治療
入れ歯治療
ブリッジ治療
ブリッジ治療
メリット
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • セラミック製の人工歯なので見た目が自然
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 咬む刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくい
  • あらゆる症例に適用できる
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険の入れ歯を選ぶことができ、費用が比較的安価になる
  • 入れ歯と比べて違和感が少ない
  • 保険診療も可能
デメリット
  • 外科手術が必要になる
  • 自費診療なので費用が比較的高額
  • 通院回数が多くなる
  • 治療期間が長い
  • 定期的なメインテナンスが必要
  • 入れ歯の種類によって硬い物が咬みにくいことがある
  • 装着直後は違和感があったり発音がしづらかったりする
  • 合わなくなった場合はメインテナンスが必要
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない
  • 支えとなる歯の寿命を縮める
  • 咬む刺激が伝わらないので、歯が抜けた部分の顎の骨が痩せやすい

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯治療では、保険診療と自費診療を選択することができます。保険診療は「最低限の機能回復」を目的としているため、咬む機能や見た目がやや劣ることがありますが、安価でつくれることが一番のメリットです。一方、自費診療の入れ歯はさまざまな種類の素材や作製方法から選択できるため、しっかり咬めて見た目が自然な入れ歯をつくることができます。

保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
素材 床の部分はレジン(歯科用プラスチック)、部分入れ歯の留め金は金属になる さまざまな素材から自由に選べる
構造 保険の範囲内で設計するため、選べない さまざまな技術や構造から選択することが可能
見た目 入れ歯だと気づかれやすい 見た目がとても自然
違和感 厚みや大きさがあるため、違和感や痛みが出やすい 薄くつくることができ、違和感が少ない
機能性 硬い物が咬みにくいことがある 硬い物でもしっかり咬める
熱伝導性 厚みがあるため、食べ物の温度が伝わりにくい 金属素材で薄くつくったりすることで、食べ物の温度を感じやすくなる
修理について 壊れやすい反面、修理も比較的簡単にできる 使用素材により修理が難しい場合があり、時間がかかる

名古屋みなと歯科・矯正歯科の入れ歯治療

歴史が古くもっともポピュラーな入れ歯治療は、多くの方が受けられています。保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯があり、患者様のご要望やご予算によって自由にお選びいただけるのが魅力です。

名古屋みなと歯科・矯正歯科の入れ歯治療

一昔前まで、入れ歯は「見た目が悪い」「硬い物が咬めない」「外れやすい」といったイメージがありましたが、近年はさまざまな入れ歯が登場しており、自費診療であれば素材や作製方法を自由に選ぶことができます。自費診療の入れ歯ならしっかり咬めて見た目も自然な入れ歯が手に入るでしょう。

名古屋みなと歯科・矯正歯科の自費診療の入れ歯

港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」では、自費・保険にかかわらずぴったりフィットし、しっかり咬める入れ歯を作製しています。随時無料カウンセリングを行っており、治療方法や治療期間、費用などについて丁寧にご説明しています。歯を失ってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

それぞれの治療料金はこちら

目立たずフィット感が高い~ノンクラスプデンチャー~
金属のバネがない入れ歯です。弾性のある特殊な素材でつくられており、歯ぐきにぴったりフィットします。バネがないので残っている歯に負担をかけません。 目立たずフィット感が高い~ノンクラスプデンチャー~
メリット デメリット
  • バネがないので目立たない
  • 保険診療の入れ歯よりも薄く仕上がる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • フィット感に優れている
  • 壊れにくく弾力性がある
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 症例によっては適用できないことがある
  • 熱伝導性では金属床に劣る
安定感があり自然な見た目~マグネットデンチャー~
歯根や埋め込んだインプラントと、入れ歯の両側に磁石を取りつけ、磁力によって固定する入れ歯です。入れ歯の表面に金属が見えることはありません。安定感があり、ずれにくいという特長があります。 安定感があり自然な見た目~マグネットデンチャー~
メリット デメリット
  • 金属のバネがないので見た目が自然
  • 磁力によってしっかり固定されるのでずれにくくよく咬める
  • 小さめにつくれるので違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 磁石を埋め込んだ部位に力がかかりやすく、入れ歯が壊れることがある
  • MRIなどの検査の際には外さなければならない
違和感が少なく食事が楽しめる~金属床義歯~
顎に当たる床の部分を金属でつくった入れ歯です。金属製なので薄くつくることができ、耐久性があって丈夫です。使用する金属はチタン、コバルトクロムなどの中から選ぶことができます。 違和感が少なく食事が楽しめる~金属床義歯
メリット デメリット
  • 保険診療の入れ歯より強く咬める
  • 丈夫で壊れにくい
  • ほとんどの症例に対応可能
  • 薄くつくれるので違和感が少ない
  • 食べ物の温度が伝わりやすいので食事が楽しめる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 定期的な調整が必要
  • 修理が難しい場合がある

名古屋みなと歯科・矯正歯科の保険診療の入れ歯

名古屋市港区の歯医者「名古屋みなと歯科・矯正歯科」では、保険・自費にかかわらずぴったりフィットし、しっかり咬める入れ歯を作製しています。随時無料カウンセリングを行っており、治療方法や治療期間、費用などについて丁寧にご説明しています。歯を失ってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

治療料金はこちら

診療予約・無料カウンセリングの予約はこちらから当院は予約制です。診療予約はお電話にて受け付けています。 000-0000-0000 メールでのご予約はこちら

TO TOP